193web出版について

193(一休さん)web出版について……

 紙媒体つまり”ふつう”の出版ではなく、ネットwebでの出版publishです。これだと、お金がかからない(取材や研究にはそれなりにかかりますし、かけていますが……)。紙の出版がしたいと思っても、商業出版なので冒険しない・できない(当然だ)。お金がかかりすぎるし、事実上の自費出版になる。毎日いつでもどこからでも書ける・編集できる。ということは、せっかく読んでくださっても、どこかが変更されているかもしれない。他人の編集者が入らないので信憑性に欠ける。ボリュームを気に掛けないでよい。メリットもデメリットもあります。そういうつもりでおつきあいください。

2019.6.20記す

  • webページ総数 505ページ(2021.5.31現在)
  • 信頼性の担保
    • 可能な限り典拠を示します。
    • 微細な文字修正等は更新履歴を表示しません。
  • 著作権について
    • フリー著作物ではありません。出典を表示してくだされば、引用・コピー等ご自由にご活用ください。
  • 筆者の連絡先等は、こちら

きれいなパッケージの中身は?

 ギフト包装は美しく仕上げたいものです。包装が解かれて、期待される中身であればホッとします。しかし、中身が、からっぽということもあります。中身に似合ったパッケージにしておきたいものです。

 包装が解かれて最初に姿を現すのは、期待されるそれでありたい。「他者先んじて自己生ず」とあるように、他者=テーマが包まれているのであって、自己が顕わになるようなことはあってはならない。自己に対する戒めとして。

2021.1.26記す