他者の発見が、自己を確かにする

 「他者/自己」という言葉、「友達/自分」でも同じ意味になる。前者のような堅い言葉をつかわなくてもよいが、心理学は19世紀起原の学問で、それ以前は哲学だった名残ともいえる。

 砂場でおもちゃを取り合いするふたり。あっさりゆずる子もいれば砂を投げてしまう子もいる。「自己/自分」中心にみえる風景だ。もう少し年長になって、散歩のとき、並んで歩こうとする子がいると思えば、よそ見に夢中になってしまう子もいる。「他者/友達」を意識できる子・まだ意識できない子が混じる。

 脳に損傷を受けることで脳の機能が明らかになることがある。失われているにもかかわらず、その腕を動かそうという意思が働く。健常であれば想像することすら困難だ。自分を自分とわかるのは脳の右半球とする実証が多くある。右半球の前部と側頭部を損傷すると、鏡に映る自分を他人と思ってしまう例がある。
 視覚障碍者は点字本を左から右へ一気になぞる。点字の一つは6点で構成されているが、その一つ一つ、一字一字を読むのでなく、ピアノ鍵盤を左右に指を動かせば流れるような音がするように、点字本を読む。目視で読む能力を実現させる「脳の部分」が、視覚障碍者の場合、指の触覚を読む。このことは先天性の視覚障碍者に通用する話で中途失明者は点字を読むのに苦労するそうだ。

 自分を自分と認識するのは右脳説が有力だが、まだ探究は続いている。右脳を主としながら、左脳の役割もあるのではないか、ということだ。0歳、1歳では鏡に映る自分を認識しない。このことは、自分を認識する脳の働きはまだ発達途上ということになる。そこで「間主観性」が登場する。この言葉は、哲学者メルロ=ポンティ(フランス 1908-1961)が発想したもので、彼は「間身体性」という言葉も発想している。心も体も、母と一心同体ということだろう。ベビーシュマが母の本能をくすぐり、間主観性(と間身体性)という大切な発達保障が担保される。成長して3歳の誕生日頃、脳の局在箇所に自己認識する機能が備わるようになる。

 「他者/自己」は、これより後れる。1980年代以降に「心の理論」という考え方が始まり、古代心理学者に別れを告げ、自己が思うことをどうして他者がわかるのか、一方その反対、他者の気持ちがなぜ自分にわかるのか、そうした研究が本格的に進んだ。結果、他者の気持ちがわかるようになるのは4歳からで、3歳まではことごとく失敗するという。「ことごとく」は曖昧な表現だが、画期は極めて鮮明のようだ。自己があって他者があるという積木を積むような思考でなく、他者の存在が自己を確かにする、ということだ。こうした「人間らしい」尊いことが4歳までの幼い心に生じる。

 脳に損傷を受けることで脳の機能が破壊されるように、自己認識が脳によるものだということは、これに失敗することの恐ろしさを想起せざるを得ない。子どもの発達保障は、家庭の子育てという個人的なことでは役割が重すぎる。保育士にそれを求めても厳しいだろう。子育ては社会の責任である、という根拠になるだろう。福祉や教育が、幼い子どもの育ちに貢献するものであって欲しいと強く願う。

2021.1.5記す