体験活動 stage

 幼児を対象とする野外体験活動はその実現のためには、あかちゃんのときからの準備、考え方が必要と思う。年寄りのノスタルジアになるだろうが、縁側で昼寝するあかちゃんが蚊にさされないよう、うちわで仰いでいる婆さんのおもいやりを想い出す。サッシで閉じられた空間をエアコンで温度調節するのでなく、涼しい風にあたっているあかちゃんを幸せに思う。施設型保育では望むべくもないが……。
 裸足(はだし)の子が大きくなってチョウを追いかける。庭の石を起こせばミミズが跳ねる。野外に Debut(デビュー)。いつも通る道、いつも遊びに行く場所へと行動が拡がって Explorer(冒険家)。そして、就学前になれば年長者に誘われて Challenger(探検家)になる。

体験活動 Stage

  1. Debut デビュー
    • 対象満年齢:2歳7か月~4歳未満
    • 3歳児クラス
    • フィールド:身近な周辺
    • 成長:他者の発見
  2. Explorer 冒険家
    • 対象満年齢:4歳~5歳未満
    • 4歳児クラス
    • フィールド:定点(*)
      • *定点……年間を通じて同じ場所で活動する
    • 成長:他者の理解 心理化心の理論
  3. Challenger 探検家
    • 対象満年齢:5歳~小学2年生
    • 5歳児クラス
    • フィールド:移動(**)
      • **移動……定点に限らず移動も可
    • 成長:自己は他者の存在で規定される 心の理論

フィールドについて……「野外」に出れば、そのすべてが「体験」になるとは限らない。3・4歳児の幼児を、おとなが好きに連れ出せば、子は「ついていく」だけとなる。子ども自身にとって活動のそれぞれに、目的が明確である必要がある。これを主体性という。5歳児からは「移動」が彼らの世界を拡げる援助となる。

2020.12.30記す