平沢弥一郎《「からだ」学ぶ体育教育を》

 以下は、1986年10月10日、朝日新聞「論壇」に平沢弥一郎氏が投稿したものをテキストに起こしたものである。

平沢弥一郎《「からだ」学ぶ体育教育を》

 体育とは、ジョギングすることではないし、ママさんバレーに参加することでもない。ジョギングやバレーなどは、スポーツである。スポーツは身体的にも、心理的にも、あるいは社会的にも、重要な身体運動であり、日常生活に欠くことができないものである。だからといって、「体育=スポーツ」ということにはならない。
 体育とは、文字通り「からだを育てる」ことである。健康を保障し、運動の正しい種類と量を定め、すべての人がからだと同様に心にも、性格にも良い影響を受けるために、たどる道である。
 ところが、現状は学校体育や社会教育の現場において、「体育」といえば「スポーツ」を指している、といっても過言ではない。果たしてこれでいいのだろうか。
 体育専門の大学や学部には、スポーツができない者の入学は困難である。そこを卒業した体育教師のほとんどが、体育を教えないで、「体育実技」と称して、大学のクラブ活動でやったスポーツばかりをコーチしていることもまた事実である。だから、からだの仕組みや働きなどを教えることはしない。
 われわれが日常よく使っている「からだ」という言葉には、大変不思議な意味が隠されている。この語源は、やまと言葉で人が大地をふまえて立つ様子を表す「からだち」(躯立ち)に由来する。つまり、「人が立つ」ということである。
 正直にいって私は、からだの語源さえも知らないで、四十年近くも体育の教師をやってきた。それは体育の教師としてというよりも、むしろ一人の日本人として恥ずべきことであり、それを知った夜は慚愧(ざんき)のあまり、興奮して眠れなかった。
 「からだ」にあたる外国語には、人が立つという意味は含まれていない。とすると、その昔から、日本人の大先輩たちは、人間が大地に立つことに対して、他の民族には見られない、特異な関心と価値観を抱いていたのであろう。こんな大切なことも考えずに、平気で体育の教師をやってきたことに、大きなショックを受けたのだった。
 今日の学校教育の中では、からだの価値観の問題や、自分のからだそのものの仕組みや働きを学習するようなカリキュラムが、系統的に編成されていないように思う。
 もし、そのようなカリキュラムが組み込まれるとしたら、それは「体育」の時間を中心に行われるべきである。
 ところが、実際の「体育」の時間には、体育館やグラウンドで飛んだり、跳ねたりしているだけである。一人ひとりの子供に与えるべき運動の量はもとより、質も考慮するようなことは、全くといっていいほど行われていない。もちろん子供自身のからだに対する感じ方を把握するような努力は、一切されていない。これでは、医者が診断しないで、いきなり治療する以上に大きな問題であ。
 これらの問題を本質的に掘り下げるのは、容易なことではない。なぜならば、体育という科目が教育の底辺近くに追いやられているからである。つまり、体育は五教科よりも下に置かれている。
 一人息子であった私が、東京体育専門学校の剣道科に進もうとした時、「剣道の教師にだけはなってくれるな」と父から勘当された。また、体育の指導者自身もこうした現状を知らず知らずのうちに受け入れ、不当な劣等感を抱いている。
 十月十日の「体育の日」が近づくと、いつも思う。
 体育指導者が、「からだ」についての基礎知識をふやし、からだの哲学的考察を深め、からだに対する価値観を確立するよう、一層努力してほしい、と。

(放送大学教授・運動神経生理学 =投稿)

クリック拡大

 子どもの「遊び」を考えるとき、私は「ゲーム」との違いで「遊びとは何か」を考えた。そして、ゲームで争う勝ち負けを公式のルールで競わせるものが「スポーツ」だ。「スポーツ」は「遊び」とは、程遠いところにある。
 しかし、「人が立つ」が「からだ」を意味し、からだの哲学的考察を深めることで、からだの価値観を問うのであれば、それは「遊び」に近いものとなる。「体育」は「遊び」をサポートすることになり、遊びは主体性を維持することになる。
 したがって、この論考は、子どもの育ちにおいて、「遊び」が極めて重要であることを支えてくれる。ありがたいことだ。

 高校野球やオリンピックについても同様のことを言いたい。
 懸命に励むスポーツマン、アスリート個人またはその集団には別な価値観で讃えるが、野球少年、サッカー少年、新しいところでラグビー熱は、子どもから遊びを取り上げていることも事実であり、この負は大きい。青少年の「こころ」と未来をもっと真剣になって考えて欲しい。
 具体的には、安全で安心して遊べる、子どもの遊び場確保が、高校野球やオリンピックと同等あるいはそれ以上に位置づけられて欲しい。

2021.4.12記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.