「主体」(主体性/主体的)について考える

 〈一人一人の子どもが、周囲から主体として受け止められ、主体として育ち、自分を肯定する気持ちが育まれていくようにする。〉この文言は、現行の保育所保育指針(以降「指針」)の第1章総則 第2項養護に関する基本的事項 第2号養護に係わるねらい及び内容 (イ)情緒の安定 (ア)ねらい の、③に上記〈〉書きが規定されている。乳幼児を対象としている。
 「指針」は平成29(2017)年3月31日に大臣名で告示されていて法律に準じるものだ。〈一人一人の子どもが、周囲から主体として受け止められ、主体として育ち、自分を肯定する気持ちが育まれていくようにする。〉さて、この条文にある「主体」とは、何を意味するのだろう。

 1970年代、中国の文化大革命や国内の大学紛争(闘争)の影響を受けたと思われる「子ども中心主義」というものがあった。先輩を敬うことを拒否して、呼び捨てに当然という空気があった。当時所属していた保育園では、子どもが先生を呼び捨てにしていた。このことを主張する職員がいたからだ。これは極端にしても、小中学校現場でも同様のことがあったようだ。子どもの人権を守ることが理由だろうが、この「子ども中心主義」は失敗だったと反省の文章を読んだことがある。指針の条文は「子ども中心主義」ではない。

 子どもの主体性を重んじる──というように使われる。いわゆる「イヤイヤ期」と称される態度を子どもにとられることがある。2歳前半頃だ。子育てでなかなか大変なときだが、そのときの主体をどのように認めればよいのだろう。5歳になると頑固に主張するようにもなる。友達とケンカしてしまった。主体を認めて理由を聞き出そうとするが、その説明が判然としないことは多い。じっと我慢して待つのが主体性を重んじることになるのか。おとなは個々に考え方の違いはあるものの、子どもの主体を損なわないように、サポートするには、さてどうすればよいのだろうか。

 ということになると、「主体とは何か」を考えざるを得ない。結論から言うと、けっこう難しい。家庭ではご両親がよく話し合っていればよいと思うが、施設型保育では職員間で研修を含めて意思疎通しておくことが肝要と思われる。施設型保育では職員の配置数や勤務時間も影響すると思われる。

 特定をさけるため曖昧な記し方をする。保育室で3歳児(満年齢は4歳かもしれない)がすっくと手を伸ばして挙げた。そのさまがあまりにもしっかりしているので年齢を先生に訊ねてわかった。3歳児とは、とても思えなかった。
 なにをしても友達に譲る5歳児がいた。我を主張するところがない。気丈夫というか、どうしてこんなにやさしい態度なのか。いとおしかった。
 今更ながらその意味に気づいた。鯨岡峻(2006年)『ひとがひとをわかるということ』p58「主体という概念を再考する」を読んで。3歳児も5歳児も「主体」である自己を発揮できていなかったのだろう。東北大震災が遺したこと。石巻で観察したこと。

(参考)間主観性(かんしゅかんせい)

2021.8.14記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.