じゃんけんでつかう掛け声

 グー・チー・パーの三すくみで勝負を決めるじゃんけんは、何歳から使えるようになるのだろう。じゃんけんでつかう掛け声は、かこさとし著『伝承遊び考4 じゃんけん遊び考』に詳しい
 「♪いし ♪かみ ♪はさみ ♪じゃんけんほい」など、私ひとりでも数えあげられないほどのパターンがある。しかし、いざじゃんけんで勝負をするとき、その掛け声は一つだ。ばらばらではそろわないから一つになる。その一つは、どうやって決めていたのだろう。

 じゃんけんにこだわる理由は2つある。遊びは子どもにとって「じゃんけん」から始まる。遊ぶぞー!というメッセージがはっきりしているのが理由の1番目。しかし、5歳児を見ていると必ずしもじゃんけんで始まるとは限らない。遊んでいる子ども集団で、実際のところ、じゃんけんをしている風景を滅多に見なくなった。2番目の理由は、じゃんけんをするときに使う掛け声に、わらべうたに通じる謡いがあるからだ。じゃんけんの風景が減ったということから、謡いの声も聞けなくなった。
 鬼決めでじゃんけんをする光景は減り、何かを均等に分けるとき”不公平”にならない手段としてじゃんけんが選択されている。つまり、ゲーム化してしまった場面でじゃんけんは生き残っている。

 保育の現場で感心させられるのは、保育士がわらべうたを唄ったり、手遊びにあわせて唄い、子どもらをひきつけているときだ。そして、こうした場面以外で、子どもたち自身の声で、わらべうたや遊びに伴った唄や声を聞くことがない。
 早い話が、子どもが集団で遊んでいる場面に出会わない。子ども同士、声をかけあうことがない。時代が変わったからしかたない、でよいだろうか。
 「自助・共助・公助」という言葉がある。福祉や政治の場面でつかわれる。公助を除いて「自助・共助」は幼少期に始まる子どもの遊びで学ぶのではないか。「自助・共助」は人間関係の基礎になる。

 「じゃんけん ほい!」という掛け声が消えていくことはひたすら残念だ。文化遺産にしたくない! 子どもが子ども時代を生き生きと生きるには、そしてやがておとなになるために、じゃんけんの掛け声をなくしてはいけないと確信している。じゃんけんが消えることは、遊びが消えるということだ。

2021.9.15記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.