育てるは似せること:造語(擬育 ぎいく)

 自然系の映像ドキュメンタリーで生態や野性の情景が映し出される。「擬態(ぎたい)」の不思議も取り上げられる。
 林明子の絵になる『もりのかくれんぼう』は、森に生きる動物たちがかくれんぼうするさまが描かれる。枯れ葉に似せた蛾、花と見紛うカマキリ、どうしてそんな遺伝子が発生し受け継がれるのか。林明子の絵は擬態を描くものではないが、森で遊ぶ少女と動物の交流で、エッツ『もりのなか』、センダック『かいじゅうたちのいるところ』などこのテーマで描かれた物語はたくさんある。
 「似せる」「かくれんぼう」に連想して「擬態」が気になり始めた。俄に造語「擬育(ぎいく)」が浮かんだ。擬態の訳語を調べたら Mimesis があった。単語1つで複合語ではない。「擬態」は誰の訳か知らないが、日本語を創作したのだろう。そして、私は「擬育」と造語してみた。「擬」は真似する/似せるという意味から、「擬育」とすることで「育てるは似せること」と思案することになった。(※同じ音「偽」とは違う)
 「子育て」は、もしかしたら、模倣ではないか。擬態の不思議を畏れと表現すれば、子育てを何かに似せようとしたとき、それは畏れといえないだろうか。似せることは、生命の不思議と同じでないか。
 ただし、擬育=同調でないことを言っておこう。皆がそうしているから私も同じ事をする同調とは違う。擬育は創造であり、畏れ敬う行為なのだ。

※マルコ・イアコボーニ(2008年)『ミラーニューロンの発見』ハヤカワ文庫 2011年──この本のp66に「人間の物真似細胞」という小見出しを掲げ、模倣は人間の生得的特性とも言える記述がある。

2022.8.17Rewrite
2020.1.7記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.