腕時計の位置が目の高さ

Home > Profile > 思い出 train

 保育園に勤め始めた20代後半(確かな日付は覚えていないけれど、30歳になるまでのこと)園庭で子どもたちと遊んでいると、動かした腕が子どもに当たることしばしばで、そのとき腕時計が目の付近に当たることに気づいた。それが複数回続き、腕時計をはずそうと思った。以来(ベルトにぶらさげている時期もあったと記憶するが)そのうち身につけなくなった。

2022.10.10記す

© 2022 ||||| YAMADA,Toshiyuki |||, All rights reserved.