3歳未満で決まる汗腺の数

藤田紘一郎 2004年『水の健康学』(新潮社)p36

 発汗は全身で起こるが、髪のはえ際や首、顔でよく起こる。ここにはエクリン腺という汗腺がある。
 からだ全体で四一度ぐらいまで体温が上がることがあるが、脳は40度以上になると熱性痙攣を起こしてしまう。顔に多くの汗腺があるのは、ここで血液の温度を下げ、脳の温度を上げないようにしているのである。
 日本人の汗腺の数は、平均で約350万個といわれるが、実際に汗を出しているのは、このうち220万個で、これを能動汗腺という。この能動汗腺の数は2歳くらいまでで決まるという。
 日本人でも、インドネシアなどの暑い地域で生まれた子どもの汗腺は多くて、エアコンの利いた環境などにいる子どもは汗腺が少なくなって、汗が出にくい。

藤田紘一郎……寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学を専門とする医師


 「2歳くらい」というのは、3歳未満という理解でよいのだろうか? 保育室は空調のため閉め切っているのが一般的だ。汗をかく・かきすぎることが皮膚の保護のために、ほか、健康によくないと捉えられているのだろう。蚊にさされないような配慮もあるだろう。締め切ることで保安上の安全確保もできる。これらには一理あると思うが、通気させて、ほどよい汗をかかせることも大切なことかもしれない。

2020.3.24記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.