加古里子(かこさとし)がいう「遊び」の意義

 加古里子は、── p355
いわゆる有識者によって、遊びが子どもにもたらす効用実益が、研究、調査、論述されている。その結論を列記すれば次のようになる。

文献:加古里子『伝承遊び考 4 じゃんけん遊び考』小峰書店 2008年

① 心身の発達、運動・言語などの能力促進。
② 情緒の安定、情操の適応涵養(かんよう)。
③ 社会規約の遵守と集団行動での協調。
④ 自立、主体性の確立と伸展。

 上記4項目を挙げた上で、── 同ページ
 なるほど、遊びの中で、こうした成長が準備され、伸長していくことは事実であり、まことに結構で問題はない。ただこうした遊びの効用成果は識者や大人の立場からであって、当の子どもは、この四項目に該当したということであって、子ども自身、決して腕を強くしようと「じゃんけん」をし、言葉遣いがうまくなろうと掛け声を叫んでいるのではないことをはっきりさせておかねばならない。
 このことは「遊んでいた」のに四項目が十分達成されないからといっても、それは遊びのゆえでも当人のせいでもないということである。まして子どもの遊びに、大人が介入し、四項目を達成させようとするなどは、本末転倒も甚だしい。

 保育指針等で上記の4つが標目として挙げられていたら、保育士等つまりおとながめざすことになる。まさに読み方注意で、おとなが目標とすることに反対しない(まことに結構で問題はない)としながらも、(遊びの場に、大人が介入し……本末転倒も甚だしい)は鋭い指摘としておかねばならないと思う。

 加古里子は上記4項目に加えて、次の3つを加えている。── p356

自発的実体験による地域環境の理解認識。
幼少児を含む連帯仲間意識と共生行動。
反道徳への傾斜発生と低俗性への関心発散。

 続けて ── 同ページ
 説明を加えれば、子どもは遊びの場で虫を追い、草をつむが、命ぜられた受身の、採取行動ではないから、そこで得た知識や印象は、後年の自覚に結びつき、人格形成に連なるのがの項目である。
 また子どもの遊びは、単なる競技、技くらべとちがい、能力や年齢に歴然と差がある幼児や年少児も排除せず、仲間として遇し、その対処処置に各種の配慮工夫をめぐらしているのがの項目である。日本の大人社会で、「共生」なる語や意識が市民権を得たのは、ようやく1990年代に入ってからであったが、子どもの遊び世界では、1900年以前からずっと「共生」が貫かれていたのである。
 こうしたの項目は、実際の子どもの遊びをよく観察すれば、すぐに知ることができるが、すでに前期の4項目に含まれると強弁する向きがあるかもしれない。しかし⑦の項目は、なぜか無視され、ほとんど明示されたことはなかった。
 しかし子どもの遊びには必ずこうした部分が付帯していて、この「じゃんけん」においても、208ページ、245ページあるいは309ページで記したように、長短の掛け声に俗悪、下品、わいせつな語や詞句をまぎれ込ませ、それらを発声唱和して騒ぐのは、子どもの世界では通常のことである。
 そしてこれらのことは、成長期の子どもの一側面であって、遊びの大部分は①~⑥の項目のよい成果につながっているのだから、放っておけば卒業してゆくものだとする論もある。
 基本的な対応としては是であるが、もっと子どもの立場に立った、発展性のある対応はないのであろうか

◇ ◇

「はじめは ぐー」(最初はグー)を排そう!

 上段の項目③(社会規約の遵守と集団行動での協調)を意識したかどうかは知る由もないが、「はじめは ぐー」から始まるじゃんけんのしかたは間合いを強制的に合わせさせる。
 じゃんけんで間合いを主導するのは、その遊び集団のリーダー格だ。加古里子は「じゃんけん」の原資料について、1948年から2001年までの50年余をかけて、その数10万1000余を集めたと記している(p10)。実際、冒頭掲出の文献には、おびただしいじゃんけんでつかわれる掛け声が収載されている。一級の民俗資料といえるだろう。ここに掲出されている掛け声を主導したきたのは遊び集団のリーダー格だった。
 それが今や(2021年)小学生からおとなまで、「はじめは ぐー」の掛け声に席巻されている。文献p285で「長介ジャン」も採取されている。本書では「いかりや長介」の名は登場するが、「はじめは ぐー」の発案者(本書の蒐集によれば、発案の前にひな形がすでにあったと思われる)とされる「志村けん」の名はない。テレビで人気を集め、この発案は全国区となってしまった。一時期の流行におさまらず、今も強い影響を残している。
 「子どもの遊び」について考察するとき、リーダー格を失った遊びの代表といえる「じゃんけん」のていたらくを私は悲しく思う。「はじめは ぐー」(「最初はグー」が実際の多くのようだが……)を除外し、そうではない掛け声を復活させてほしいと私は願う。

遊びの主体性とサブカルチュアー

 漫画はかつては貸本屋で借りて読むものだった。一日、5円や10円で借りた。漫画には罪悪感が伴った。借りて読み、返してしまえば何も証拠は残らなかった。私が子どものときに通った貸本屋は2坪くらいの広さだっただろうか。それがあるときから、照明の明るいところで堂々と読めるようになり、アニメは輸出文化に成長し優等生となった。アニメ文化を論じるほどに私は知識なりその周辺をまったく知らない。アニメ(動画)と漫画本を同一視してよいのかもわからない。しかし、漫画がサブカルチュアーのジャンルから外れ、カルチャーの一翼を担うことになって、漫画の”いのち”がそがれたのでは?と密かに思っている。
 加古里子の論じる⑦の項目は、このサブカルチュアーと通ずると思った。子どもを善導したい・善導すべきと信じているおとなは、サブカルチュアーを受け入れることができない。なんとかして正統的に評価しなくてはならない責務にかられる。加古里子は『どろぼうがっこう』ほかの絵本で、子どもの遊ぶ心(サブカルチュアー)を守ろうとしてきたのではないかと思う。

子ども集団の妙

 ⑥の項目について、その説明はすでに上述している。子どもどうしの遊びは、ゲームで遊ぶときのように「遊び方」の諒解から入らない。先のニュータウンでは、遊び方が相違するとき、あるいは諒解しないとき、たまに遊び方の説明が入ることがあった。
 しかし、じゃんけんの三すくみについて、説明することはない。共通だから、だ、そして、3歳や4歳から遊び集団に加わるとき、じゃんけんの三すくみ説明から入ることはない。大きいおねえちゃん、おにいちゃんから若干の説明が加わることもあるが、3歳や4歳が理解していると思われない。3歳や4歳は「ひよこ」などと認証され、ともに走りまわる。⑥の項目説明として、私からは以上をつけ加えておこう。

2021.5.29記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.