芦屋~六甲山最高峰 931.2m

コースの概要

  • JR芦屋駅(芦屋川駅・阪神芦屋駅 9:29発)※時刻は目安
  • 東おたふく山登山口バス停 9:51着
    • 七曲り 10:37
    • 六甲山最高峰(折り返し)11:45着 12:20発
    • 雨ヶ峠 13:30
    • 風吹岩 14:30
    • 蛙岩 15:10
    • 会下山遺跡 15:35
    • 芦屋川駅前広場 16:00
  • JR芦屋駅(阪急芦屋川駅・阪神芦屋駅)
  • 歩数は 2万5000程度

練習コース3例

  1. 東おたふく山登山口バス停~七曲り~最高峰~七曲り~登山口バス停
    • 詳細ページ
    • 登山口/最高峰の往復
    • 最高峰を早めに体験しておくと、目標がもちやすくなる。
  2. 芦屋川駅前広場~蛙岩~風吹岩~蛙岩~芦屋川駅前広場
    • 詳細ページ……準備中
    • ロックガーデン経由が一般的だが採用せず、蛙岩経由。
  3. 登山口バス停~雨ヶ峠~風吹岩~蛙岩~芦屋川駅前広場
    • 詳細ページ……準備中

完走

  • 登山口バス停~七曲り~最高峰~七曲り~雨ヶ峠~風吹岩~蛙岩~芦屋川駅前広場
    • 詳細ページ……準備中
    • 完走
    • 上記の「練習コース3例」を、事前に、すべて体験しておくことが望ましい。
    • 有馬温泉方面に下山せず、雨ヶ峠経由。

登山した記録(雑感) 2021.11.7

 あまりに天気がよいので、六甲山の最高峰に行きました。一軒茶屋に通じる道の災害復旧が完了したので、その確認もしました。この「七曲り」、私は数十年ぶりだけど、登山者の人気コースで、行き交う人は絶えない。みなさん、マスクを外しているのでここだけは平常にもどっている感がある。暑くて汗を拭いている。
 コースのベテランらしい人もいれば、初心者も多い。年長組の5歳児、1年生もいた。芦屋川から歩いてきたという。「もう階段ないから…」とパパらしい人は言っていたけれど、残念ながら、この先、もっと厳しい階段道があるんだけどなあ……。
 スタスタ歩ける女性のペアは、ちょっと肥満のふうふう言っている女性。どういうコンビなのだろう。
 若い子の集団は、おそらく初めて組。年配者はベテラン。
 それにしても登山道の整備が凄い! 森林整備事務所の仕事と思うけれど、目立たない谷筋に土砂崩壊修復の苦心が見られる。山道を登ると、これだけの資材をどうやって運ぶのだろうといつも思う。私が歩けるのは、こうした「縁の下の力持ち」の仕事のお陰と思う。感謝! ありがとう。

整備された登山道

 起伏やガレ場、岩場があるものの、登山道は手入れが行きとどき道幅も広い。写真は、最高峰まであと20分ほどというのに、それを思わせない。

紅葉の名所にはかなわないが美しい 2021.11.7

会下山遺跡 えげのやま・いせき

2021.12.12更新
2021.11.13記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.