いのちが生まれた海、潮だまり

 「いのちの起原」について前々から関心はあったのだが、改めて調べてみた。我々一般人にわかりやい本は多くない。たとえば、(1)『せいめいのれきし』(2)『生命の歴史』を開いた。魚類から哺乳類に進化していく説明はあるが、「いのちの起原」に言及した記述は見当たらない。(3)『異説・定説 生命の起源と進化』は「いのちの起原」を直球でテーマにしている。結論らしきことは、「いのちの起原」は学者たちにとって関心の的だが、極めてむずかしいテーマらしい。この特集誌は論点を整理するに留まっている。

  1. 『せいめいのれきし』
    • バージニア・リー・バートン
    • 岩波書店 改訂版 2015年
  2. 『生命の歴史』
    • ミヒャエル・ベントン
    • 評論社 1990年
  3. 『異説・定説 生命の起源と進化』
    • 別冊日経サイエンス 2003年

 しかたないので申し訳ないが我が記憶で論を進めることにする。「いのちの起原」は2つある(安直だが……)。
 一つめは深海。深海でバクテリアが酸素を生産した。もう一つは「潮だまり」。海と陸が接する場所で、渚(なぎさ)は砂地だが、「潮だまり」は岩場のある磯。地球に隕石が衝突したときは、海水が沸騰し水がなくなったともいわれたり、「いのちの起原」は隕石がもたらしたの説もあるので、そうであれば、海を起原とする説は否定されるのかもしれない。しかし、現世(今)に通ずる解であれば、海を出発点とすることにおゆるしをいただく。
 潮だまりを構成する岩には、フジツボが張りついている。潮の干満で、満潮のとき、フジツボはプランクトンを食べる。干潮のとき、直射日光に照らされ、表面は60度にもなるが、耐えて死なない。移動しなくても熱射に耐えられれば食事にありつける。潮だまりの岩場の隙間は、ツブ貝が積み重なっている。一つ一つは小さなツブだけど、タンパク質が積み重なっているともいえる。潮だまりは密度の高いタンパク質空間でもある。いのちの集積度が高い。この潮だまりから陸上に進出した生物があり、人類もその一つというわけ。

2022.6.21記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.