いきものを飼う・育てる

 いきものを飼う・育てるは、むずかしい。いのちを守るだけでなく、なんのために飼う・育てるかを問うことも、曖昧にしてしまいやすい。
 「(継続)観察」という言葉がある。幼児(小学2年生まで)は、「(継続)観察」は出来ないと私は考えている。「観察する」ということは、継続を前提にしている。観察した結果は事後以降に生かすということだろう。こうした課題による学習を幼児(小学2年生まで)に負わせるのは能力を超えていると思う。
 サツマイモを例にしよう。イモ苗を植えて、その”観察”を絵に描いて、あるいは造形工作して記録することはよく行われる。これは良しとしよう。そして、収穫。途中の草取りやお世話もあるだろう。それらの、一日の記録を何かで残すことは必要と積極的に良しとしよう。記録があるから(記録にとっておかなくても)苗植えの記憶を収穫に結びつけることは幼児に可能だ。しかし、その収穫や記録を評価し、”次は”こうしようということにならない。野外活動で最も大切にしなくてはならないことは、参加した子ども皆にとって楽しいイベントにすることだ。そのことが、今後の〈やる気〉の基礎となる。収穫後、子どもが「どうせ、園に帰ったら絵を描かせられる」と思えば失敗だ。楽しかった思い出を記録するか、記録するために思い出イベントを行うのか、こうしたことはありそうなので、よく考えて欲しい。少なくとも幼児にとっての体験活動は学習活動であってはならない。このことは「野外体験活動保育の実際とその評価」にも示した。

 快・不快は脳の生理からもよく知られている。快感は脳内でセロトニンやドーパミンが放出される。子どもに意欲をもたせようと思えば、セロトニンやドーパミンをどうすれば放出されるかを意図すればよい。つまり、楽しいことが優先されてよい。

 さて、子どもは、たとえば、カエルをつかまえると持って帰りたいと言う。カエルを自身がつかまえると、あるいは誰かがつかまえているのを見ると、ドーパミンが放出され興奮し「欲しい」と思ってしまう。この状況下で、飼う・飼えないの議論をしても、気持ちを整理させることは困難だ。30分、1時間、さらに1時間半から2時間経過すると、面倒になってというか、満足してしまい、「放す」という子が出てくる。先生が「もう放してあげたら」と声かけすれば、簡単に同意して「放してあげる」と言い、放すことで気分を良くすることが多々ある。
 このことから、カエルを発見できるその場所に、少なくとも30分、できれば1時間半から2時間滞在できる野外活動計画にしておけばよいということになる。即ち、飼う・飼えないの解決は子どもの課題でなく、おとな(先生)の課題ということだ。1時間半経過しても「飼いたい」と思い続けている場合の解決法はここでは示さない・示せない。私は、飼ってみるしかないと思う。だから、いきものを飼う・育てるは、むずかしい。

 こんな話を聞かされた。農村地域の保育園で、園長自身子どもの頃、カエルを地面に叩きつけ死んだカエルをひもに結わえてザリガニをとった。いのちの尊厳を教えたい、身につけさせたいと思うとき、教育機関として現代では採用できない方法だろう。
 小学生の高学年にニワトリを絞め、食肉を体験させる教育的イベントがある。私自身、体験がない。周到な教育課程で行うなら方法もあろうが、野外活動イベントとして生殺与奪が可能な場面は極めて限られるだろう。

 枝を折ったら「イタイ(痛い)、イタイと言うよ」と擬人化して説教するのもどうかと思う。枝をなぜ折り取ったらよくないのか、向き合ってしっかり心に届くよう説くことが優先だ。

 飼っていて、死んだらどうするか? 一度、二度なら”お墓”も良かろう。しかし、続くなら、飼うことを止めることだ。子どもと話しあって決めたことであっても、継続観察が幼児には困難なように、飼うとなれば〈おとな(先生)〉が、死なせない・飼い続けるという覚悟がいる。シーズン中 飼い続けるのでなく、次回の野外活動で放すと決めておき、放すイベントを織り込むことが対処法になる。

 お勧めしたいのは、チョウの羽化、セミの羽化だ。羽化するタイミングは〈おとな(先生)〉の経験・学習が必要だが、同時進行で、子どもと体験してもよい。

(参考)はじめて出会う〈ともだち〉自然

2021.1.7記す