小学5年生~(おとな)YAの本

〈YA〉ヤングアダルトと読みます。子どもとおとなの中間をあらわします。ここでは、小学5年生以上から中学生を対象とします、高校生は対象としていません。子どもの発達段階を考えるについて、小学5年生(年齢としては10歳)からを「おとな」として私は考えています。読書力(リテラシー)については、この時期に身につけたいことを期待してグレードを低くしていません。

  • ルリユールおじさん
    • 作絵/いせひでこ(伊勢英子) 2006年発行 理論社
      • 愛用していた植物図鑑がこわれそう。パリのまちには本を修理(ルリユール)してくれるおじさんがいる。少女は「わたしの図鑑」をなおしてもらおうと、持ち込んだ。図鑑をなおしてくれるルリユールおじさんと少女のものがたりが、美しい絵とともに語られる。
  • 自然科学読み物 生き物のちえ 全5巻
    • 監修/今泉忠明 文/伊藤年一 2011年発行 学研
    • 学校の図書室にあると思います。
      • 虫や動物(ほ乳類など)は、植物など2者以上の関係のなかで理解を進めることが大切です。単独では生きていないからです。このシリーズは、5歳からでも関心を誘います。知識としては3年生以上が適当でしょう。
  • 星の使者
    • 作絵/ピーター・シス 訳/原田勝 手書き字/大川修 1997年発行 徳間書店
      • ガリレオ・ガリレイの生涯。真理を求める──ということは、どういうことか。しっかり読み込めるトシになってから読んでも遅くない本(絵本)。