開一夫『赤ちゃんの不思議』読書メモ

  • 開一夫(ひらき・かずお)『赤ちゃんの不思議』
    • 岩波新書 2011年

pⅱ
//最近の赤ちゃん研究には多数の新発見があります。30年前に考えられていた赤ちゃん像とは大きく異なっているのです。//
※2011-30=1981年

pⅳ
//脳科学は急速に発達しつつありますが、脳と心の発達が「どう関係しているのか」についてはまだまだ研究が始まったばかりです。//

p5
//赤ちゃん学は、ここ2,30年の間で目覚ましい発展を遂げてきました。それまで、まったく無力と考えられてきた赤ちゃん像をくつがえすような発見がいくつもあります。50年前までは、高名な小児科医でも「新生児は目が見えていない」と考えていたようです。それが、現在では、生後間もない新生児でも、さまざまな能力をもっていることが明らかにされています。//

p6
//発達心理学の世界では神様的な存在である、ジャン・ピアジェ(1896~1980)は、自分自身の3人の子どもが赤ちゃんのころから「実験」を行い、それに基づいて膨大な数の著作物を出版し、発達心理学の理論的基礎を築きました。また、進化論で有名なチャールズ・ダーウィン(1809~1882)も、1877年に自分の長男(ウィリアム・ダーウィン)の「育児日記」に基づいた論文を『マインド(Mind)』という科学ジャーナルで発表しています。
 こうした先駆的研究は、現時点でも大きな影響を与えていますが、論拠になっている事実が自分たち自身の子どもであることから、科学において重視されるべき「再現性」(同じ現象が、同じ条件のもとで繰り返し生起すること)の点で問題がないわけではありません。赤ちゃんについて科学的に研究するには、一定以上の数の被験児を対象とし、統計的に意味のある事実に基づいた議論が必要とされます(私自身もそうですが、自分の子どもはなかなか科学的・客観的視点でみることができないものです)。//

p7
//赤ちゃん学の黎明期において最も有名な研究の一つは、新生児の「模倣」に関する研究でしょう。1977年にアンドリュー・メルゾフとキース・ムーアという研究者は、新生児であっても口や手の動きを「模倣」するという衝撃的な論文を発表しました。この研究では、生まれて数日の新生児に「口の開け閉め」「唇の突き出し」「舌の突き出し」「手の開閉」という四種類の動作を呈示し、その後新生児が同じ動作を生起させるかどうかについて調べられました。//
p8
//メルゾフは、この論文を発表してからさらに小さな(若い)新生児にも実験を行い、生後1時間にも満たない新生児も「顔まね」をしたと報告しています。「こう動かすと」、視覚的に「こうなる」ことを鏡によって理解していなくても、顔まねできるのは本当に不思議なことです。//

p9
//新生児の認知能力に関しては、新生児模倣だけでなく沢山の興味深い研究が存在します。たとえば、新生児が母親の声と別の女性の声を区別しているという研究もあります。//

p38
//このテストの結果は、10ヵ月児では、期待に背反する事象(「意地悪なやつ」に接近する事象)への注視時間が、期待通りの事象(「親切なやつ」に接近する事象)への注視時間よりも有意に長くなりました。しかし、6ヵ月児ではそれぞれの注視時間には差がありませんでした。
 この実験の結果は、生後6ヵ月から利他的行動を示す対象を赤ちゃん自身が好むということ、しかし、他者(ここでは坂を登っている対象)の「気持ち」をくむのは10ヵ月ごろからだと解釈できます。//

p39 小見出し「欲ばりな赤ちゃん」
 10ヵ月の赤ちゃんに、ぬいぐるみを2体見せ、片方はバナナを3本、もう片方にはバナナを1本、ぬいぐるみの前に置いた。赤ちゃんは、さて、どちらを好むか?という実験を米国の研究グループがしたという。ぬいぐるみに着せた洋服の色を違えている。//洋服の色とバナナの本数の組み合わせにかんしてはカウンターバランスがとられていました。//
 「カウンターバランス」という用語が今一つよく理解できない。洋服の色に惑わされないようバナナ本数との組み合わせにバランスをとったということか? つまり、バナナの多い方/少ない方に意味のある結果が得られるかどうか? //実験の結果は、(それほど裕福ではない私にとっては)ショッキングなものでした。なんと、ほとんどの赤ちゃんが、前においてあるバナナの数が多い方のぬいぐるみを選択したのです。//とある。
 この研究の目的を筆者は //赤ちゃんの「社会的ステイタス」認知//としている。

p40
 この「社会的ステイタス」について、ほかに2つの実験を紹介している。
 その①、//「道具」を上手に使えるぬいぐるみとそうでないぬいぐるみ// //多くの赤ちゃんが上手に道具を使うぬいぐるみを選択しました。//という。
 その②、──//「見た目」を選好//──するか? ──//英国の研究者らは、選好注視法を使って「魅力的な顔」とそうでない顔写真を新生児に見せ、魅力的な顔の方を長く注視する傾向を発見しました。//──とある。「なるほど……」と思う余裕は私になく理解しがたい。──//新生児は、男性の顔よりも女性の顔を選好することも知られています。//──については、そうだろうなあとつい思ってしまう。

p40 小見出し「超早期英語教育は有効なのか」
//両親が日本人で、かつ、日本で生まれた赤ちゃんでも英語のLとRを区別することができることが知られています。しかし、生後5、6ヵ月ぐらいになるとLとRの区別はできなくなってしまいます。まさにこの時期までに、赤ちゃん(の脳)は「私の育つ(言語)環境ではLとRを区別する必要がない」と判断するのかもしれません。//
※小見出し命題を否定している。

p44
//母親の羊水には、「甘い」「酸っぱい」「苦い」「しょっぱい」すべてに対応する成分が含まれていると言われています。赤ちゃんはお腹にいる間から、こうした味を感じているのかもしれません。//

p45
//ヒトを含むすべての動物が生きていくためには、食べ物を摂取する必要があります。哺乳類の場合は、生まれてしばらく母乳(や人工乳)が与えられますが、大人になると自分自身で食べ物(餌)を獲得しなければなりません。食べられるものかそうでないものかの弁別・認知は生存していく上でもっとも基本的な能力であり、多くの動物で生得的に備わっている認知能力であると考えられます。
 しかし、話はそう単純ではありません。//

p46
//人間の赤ちゃんには味覚に対する好みがあります。生まれてすぐの赤ちゃんは、「甘い」味を好むと言われています。「苦み」は有害な物質と関係がありそうで赤ちゃんは嫌うのではと想像できますが、意外なことに、最近の研究では生後しばらく(4ヵ月頃まで)は、(薄い)苦みであっても回避しないことが分かっています。その後、しばらくすると、赤ちゃんは新奇な食物を回避するようになると言われています。一般的にはちょうど離乳食が与えられる頃なので、「なぜ、うちの子は離乳食を食べないのだろう」と心配する母親もいるかもしれません。しかし、繰り返し辛抱強く与えることによって、最初は嫌がっていた食べ物でも問題なく食べるようになります。まさに「経験する(経験させられる)」ことによって食べられるものとそうでないものを区別できるようになることを示す例です。//

p47
//ネズミで発見されたガルシア効果は、「自分自身」で食べられないもの(食べると良くないもの)を学習するための仕組みがあることを明らかにするものですが、食べると良くないものをいちいち食べてから学習していては、効率はさほど良いとは言えません。チャレンジ精神で食べられるかどうか分からないものを食べて病気になったり、命を落としてしまったりする可能性があるからです。//

p48
//人間の場合は、基本的に親が食べているものを自然に食べるようになります。生後3ヵ月頃の赤ちゃんは、周りの大人が食べているものに注目するようになります。//

p48
//子どもが、どんな食べ物を好きになるのかは、どんな食文化(食環境)で育つのかということを抜きにしては考えられません。//

p49
//ちなみに、チンパンジーでも「いないいないばあ」とよく似た行動が観察されています。「天才チンパンジー」の異名をもつ京都大学霊長類研究所のアイの息子(アユム)に対して、そばにいた大人の(おばさん)チンパンジーが、アユムの頭を軽くなでてアユムの注意を引き、顔をぐっと近づけて、二、三秒したら横を向き、また顔を近づけて……ということを何度か繰り返す行動がみられました。ひょっとすると、ヒトは太古の時代から「いないいないばあ」とやって赤ちゃんをあやしていたのかもしれません。//
──この「いないいないばあ」については、//コミュニケーションの基本的ルールを備えた遊び//としている。//「いないいないばあ」には、コミュニケーションの①開始、②本題、③終了にかかわる基本的なルールが包含されています。さらに重要な点は、これらの順序とタイミングが合わないとコミュニケーションが成立しない、つまり、「いないいないばあ」で遊ぶことができない点です。//と記され、これらのことはチンパンジー間でコミュニケーションが成立していると思わせるものがある。

p57 「左抱き」と「右抱き」
//リー・ソークという米国の有名な研究者が興味深い研究論文を発表しました。それによると、全体の80%以上の人が赤ちゃんの頭を左側にして(左腕で赤ちゃんを抱えるように)抱っこするとのことです。これは、性別・年齢・文化・人種を問わず普遍的に見られる傾向のようです。驚いたことに、就学前の小さな子どもにもこの傾向は見られ、さらに、ヒトだけでなくチンパンジーやゴリラといった霊長類にもこの傾向があるようです。//
※私は左抱き。

p58 「利き手」説をおよそ退けたところで……
//そこでソークは、次のような仮説を思いつきました。「赤ちゃんを左抱きにすると、母親(父親)の心臓の音が聞きやすくなる。赤ちゃんは心音を聞いて安心するから、左抱きが多いのではないか」。「ハートビート(heartbeat)仮説」というものです。//

p58
//この仮説は後続する研究者らよってことごとく論破されています。多くの人がソークの仮説を確かめようとさまざまな実験を試みましたが結果はどれも仮説を支持しませんでした。たとえば、心臓が左側でなく右側にある右胸心の人を使ってどちらに抱っこするかを調べた研究者がいます(右胸心は5000人に1人いると言われています)。すると、心臓が右側にある人も「左抱き」が多いことが判明しました。
右胸心(公益財団法人 日本心臓財団)

p59 「感情脳優位仮説」
//最近、有力視されている説明は「感情脳優位仮説」です。私たちの脳は右側(右脳)と左側(左脳)に大きく分けられ、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分でつながっています。左右の脳はほぼ同じ形をしていますが、大まかに役割が分担されています。たとえば、左手を動かすときには右脳が、右手を動かすときには左脳が強く活動します。また、私たちの左視野(両眼の左側)から入った情報は主に右脳で処理されます。さらに、右脳は左脳に比べて感情・感性にかかわる処理を得意とすると言われています。従って、赤ちゃんの顔が左側にある方が、感性を発揮して赤ちゃんと接することができるというロジックです。しかし、この仮説に関しても賛否両論いろいろあります。//

p59
//科学の本質は理論の反証可能性にあります。//

p66 育児ロボット
//数年前、私は、あるシンポジウムで発達心理学の大御所の先生(ここではA先生ということにしておきましょう)とパネル討論に同席しました。A先生は、「最近は、ペットロボットや人型ロボットなどいろいろなロボットが開発されているが、そのうち子育てまでロボットに任せてしまう親が出てきてしまうんじゃないか」と憂えていらっしゃいました。
p67
//私はこう答えました。「残念ながら、今のロボット技術はまったくそんなレベルに達していません。あと50年、いや100年たってもそんな心配は杞憂のままかもしれません」。私はパネル討論を盛り上げようとして、わざとこんなことを言ったのではありません。育児ロボットの実現には乗り越えなければ大きな壁がいくつもふるからです。//
p68
//育児ロボットの実現が困難であるもっとも大きな理由は、ロボットに「心」をもたせることが困難だからです。//

p70 小見出し「テレビ視聴は健全な発達を阻害するのか」
//「テレビやビデオ・DVDの視聴が発達に関係するか」と問われれば、私は確実にイエスと答えます。問題は、発達に良い影響を与えるのか、悪い影響を与えるのかという点でしょう。//
p72
//つまり、テレビは子どもの発達に良いとか悪いとか、十把一絡げ的なことで結論は出せないということです。//

p186
//私たちは、精巧に作られた蜘蛛の巣をみても、蜘蛛が一生懸命にお勉強して精巧な巣を作れるようになったとは考えません。こうした観点からみれば、生物としてのヒトの赤ちゃんも、生まれながらに多数の能力をもっていたとしても不思議ではありません。//


太字、彩色は引用の際に付した。
縦書き漢数字の多くを横書き算用数字とした。
2022.9.26継続して記し中

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.