目線の高さに……と、言うけれど

 5歳児の身長は100cmを超えるぐらいか? 目線の高さは90cmぐらいだろうか? おとながしゃがんで5歳児に向き合うとき、その目線の高さを測ったら……。

 もし子どもが叱られているときは目線は下向きだろう。喜んでいるときは上向きにもなろう。しゃがむ姿勢でも、お尻をしっかり落とすか、膝をしっかり折らないと子どもの視線と向き合えない。

 おとなは考えごとをするとき、遠くをみたり、天井や壁を見たり(みつめているわけではないが……)、話し相手がおとなであれば敢えて視線を外してうつろに目線を上向きにする。しかし、幼児はおとなのようなしぐさではなく、目線を水平方向か下向きにする。

 幼児は段差が好きだ。危ないとおとなは気遣うが、おかまいなしに足の幅に対して狭い段差を歩こうとする。溝に水がなければ足を入れて歩く。スロープになっている擁壁を歩いて上がり、ほどよい高さで飛び降りる。

 0歳児や1歳児の運動会などでは、トンネルをくぐる競技がよく採用されている。這い這いする子の目線も、あるのだ。

2022.9.22記す

© 2022 YAMADA,Toshiyuki, All rights reserved.