新渡戸稲造『武士道』を読む

  • テキスト
    • 著:新渡戸稲造(にとべ・いなぞう)
      • 原書名: BUSHIDO,THE SOUL OF JAPAN
        • 新渡戸は日本語ではなく英文で著した
        • 原書発行年:1899年(明治37年)
      • 訳:矢内原忠雄(やないはら・ただお ※原書が英語表記)
    • 書名:武士道
      • 副書名:日本の魂 ── 日本思想の解明
    • 発行:1938年 岩波文庫(右の写真)
  • 『武士道』の目次(全17章)
    • 先頭が数字の行は、章の見出し
    • それより下の行は、小生が解釈した要点
  1. 道徳体系としての武士道
  2. 武士道の淵源
  3. 勇・敢為堅忍の精神
  4. 仁・惻隠の心
  5. 名誉
  6. 忠義
  7. 武士の教育および訓練
  8. 克己
  9. 自殺および復仇の制度
  10. 刀・武士の魂
  11. 婦人の教育および地位
  12. 武士道の感化
  13. 武士道はなお生くるか
  14. 武士道の将来

現代の子育てが、武士道に学ぶものとは……

2019.11.18記す